静岡県の物流会社 サンワNETS(サンワネッツ)

物流拠点

トラック 倉庫

倉庫のお探しは、こちらから。

詳しくはこちら

  • HOME
  • 新着一覧
  • 中日新聞(2012/03/07) 袋井・浜松4事業者協同組合設立 事業継続計画で中小企業を支援

中日新聞(2012/03/07) 袋井・浜松4事業者協同組合設立 事業継続計画で中小企業を支援

2012年3月7日

浜松、袋井市の経営コンサルタントやシステム開発会社などが連携して、中小企業の事業継続計画(BCP)策定を支援する協同組合を6日に立ち上げた。情報技術(IT)や財務をはじめ、それぞれの専門知識とノウハウを結集し、顧客となる中小にワンストップでサービスを提供する。
BCPは、自然災害や事故、感染症の流行といった具体的な脅威を想定し、中核的な事業の継続や復旧に向けた対応をまとめた行動計画。
東日本大震災やタイの洪水被害による生産の混乱を受けて、大手メーカーが下請けの中小にBCPを求める動きが広がった。一方、知識や人材が不足し、費用の面からも策定に二の足を踏む中小が多いのが現状だ。
今回発足した協同組合は「BCM技術開発推進事業協同組合」。経営コンサルタント業のビブレ(浜松市中区)、システム開発のロジック(同)、鍬竹税理士事務所(同)、物流会社サンワネッツ(袋井市)の四事業者が参加した。
顧客の中小企業から共同で受注し、BCPに関するセミナーの開催や計画の策定、必要なシステムの構築などを協力して行う。BCMは、計画策定から運用の改善までを継続的に管理する「事業継続マネジメント」を指す。
中区のロジック本社で同日、組合の創立総会が開かれ、ビブレの小川直人代表を理事長に選任。小川理事長は「組合員が得意とする専門分野を生かして総合力を発揮し、経営者のニーズに応えていきたい」と話した。
2012年度の事業計画では、年間10~20社のBCM支援業務を共同で受注し、約1,300万円の売り上げを目指す。
問い合わせは事務局のビブレ 電話053(401)5010へ。

  • 人材募集情報
  • お急ぎの方はお電話で

    0538-43-3050

ページのトップへ戻る