静岡県の物流会社、株式会社サンワNETS

物流拠点

トラック 倉庫

倉庫のお探しは、こちらから。

詳しくはこちら

  • HOME
  • 新着一覧
  • 物流ニッポン(2014/06/16) サンワNETS 質高く強い職場めざす SQC委員会を立ち上げ

物流ニッポン(2014/06/16) サンワNETS 質高く強い職場めざす SQC委員会を立ち上げ

2014年6月16日

【静岡】サンワNETS(水谷欣志社長、静岡県袋井市)は7日、「自給率向上活動発表大会(SQC大会)」を開いた。「創立45周年に向けて全員参加で自給率向上活動を推進しよう」をテーマに、各営業拠点やグループ会社など28チームが成果発表。これまでに行っていた部門ごとの自給率向上活動を細分化し、少人数にグループ分けしたSQC(サンワNETS品質管理)サークルを今年度から行うことも表明した。
水谷社長は「リーマン・ショック以降、状況が厳しく、売り上げが伸びなかったものの、前期は売り上げ、利益ともに予算を達成した。しかし、4月以降は想定していた以上に燃料価格が高騰、高速道路通行料金も実質値上げとなった。影響が大きく、どのように対応していくかが課題」と挨拶。
その上で、「今回で40回目のSQC発表大会となったが、過去20年で少しずつ内容は変わってきた。原点に立ち返り、コスト増に対する活動を展開して、45期目となる予算を達成して欲しい」と呼び掛けた。
運輸関連で、新規配送のスポット受注や荷主との交渉による運賃増額、運行シフトの切り替えで収支を改善した例などを報告。倉庫業務関連では、保管効率のアップやピッキング作業時のミス低減といった工夫が数多く紹介された。
審査の結果、最優秀賞は、化粧品関連部門(掛川市)に輝いた。派遣社員のために分かりやすい作業手順書と不良見本を作成し、ミス低減につなげた。優秀賞には住宅用サッシの組み立て作業で電動ドリルの適正な使用方法を確立し、品質向上を実現させた浜松東営業所(磐田市)が選ばれた。
努力賞は、運行時間の短縮に成果を上げた稲沢営業所(愛知県稲沢市)、所員の多能工化で3営業所の合併効果を発揮した堀越物流センター(袋井市)、機械組み立てによる効率化と作業場の改善で業績を改善させた掛川物流センター(掛川市)に贈られた。
山崎康二常務が少人数単位でのSQC活動について「今後五輪や震災復興で仕事量が増えていく状況に対し、これまで以上に質の高い、強い職場をつくらなければならない。そのために活動を見直す」と説明。山崎氏を委員長としたSQC委員会を立ち上げ、今月からスタートしている。
無事故表彰では、23年間無事故を続けている岡部久志氏(浜松営業所)と10年以上継続の15人を表彰した。

  • 人材募集情報
  • お急ぎの方はお電話で

    0538-43-3050

ページのトップへ戻る