物流ニッポン(2018/05/28)生産性向上活動 成果発表 KPI5%アップ目標 | 株式会社サンワNETS

静岡県の物流会社 サンワNETS(サンワネッツ)

物流拠点

トラック 倉庫

倉庫のお探しは、こちらから。

詳しくはこちら

  • HOME
  • 新着一覧
  • 物流ニッポン(2018/05/28)生産性向上活動 成果発表 KPI5%アップ目標

物流ニッポン(2018/05/28)生産性向上活動 成果発表 KPI5%アップ目標

2018年5月29日

【静岡】サンワNETS(水谷欣志社長、静岡県袋井市)は12日、生産性向上活動発表大会を開いた。 2017年5月から生産性KPI(重要業績評価指標)5%アップを目標に取り組んできた活動につい て、営業所やグループ会社など10チームが成果を披露した。

島田営業所(吉田町)は 車両の稼働率を高め、少ない力で多くの売り上げを生み出すため、1車2人制の 定期運行を増強することをテーマに発表した。新規に納車した3台のトラックを使う、島田営業所を起点と した中継輸送を顧客にアピール。出発時間と帰着時間 を運行指示書により管理する手法も述べた。
 関東ー中京の幹線輸送を 新規獲得し、大型車1台当たりの月の売上額を16年度比で20万円、生産性KPIを5%、それぞれアップさせることを目指した。新人ドライバーの教育に時間を要したため、生産性KPIでは目標に及ばなかったものの、売り上げ目標は達成。
 国本物流センター(袋井市)は「ピッキング作業及び保管の効率化」をテーマとした。リフト作業動線の改善へ、レイアウト変更による作業効率の向上、荷主への滞留品整理の依頼など4項目の作業計画を作成し、実行。その結果、荷物を100個ピッキングする時のフォークリフトの平均走行距離を、4695mから3400mへと28%削減したことを説明した。
 水谷社長は「キックオフから1年、生産性向上に向けた5S (整理、整とん、清掃、清潔、しつけ)、改善活動、顧客との交渉、新しいテクノロジーの活用などに取り組み、大きな成果を得たのではないか。現場を訪れるお客様にも褒めてもらい、新しい仕事につながった」と報告。
 18年3月期の連結売上高が、99億4千万円と目標だった100億円に一歩及ばなかったことにも言及し、「人手不足の中で新規業務を立ち上げるなど、よくやってくれた。生産性KPIはマイナス5%となったが、全体としいい結果だったと思う。18年度は前年度にまいた種が生きると確信している。生産性向上に力を入れ、目標を達成できるよう協力して欲しい」と呼びかけた。
 トヨタ自動車の決算発表を引き合いに、山崎久隆会長も「好決算のトヨタでさえ、今年度は大改革をやると言っている。我々はもう少しで大台に乗るところだったが、ここから先は稼ぐ力を蓄えないと会社が続かない。過渡期を乗り越え、再来年の50周年を全社員で迎えたい」と述べた。
 コンサルタントを務める国際物流総合研究所(南元一会長、東京都中央区)の仙谷恵一主席研究員が、「改善活動は活動中は盛り上がるが、終了するとすぐ元に戻ってしまう。その歯止めを考えられた、いい発表だった」と総評した。

  • 人材募集情報
  • お急ぎの方はお電話で

    0538-43-3050

ページのトップへ戻る